オーストラリア&香港

contact@nomade.travel

Nomade_NewLogo_White.png

チリ

 コントラストが共存する国

アンデス山脈と太平洋に囲まれたチリは、歴史、文化、伝統に溢れる国です。多様な気候と地形が、国土に極端なコントラストをもたらしており、そのコントラストは風土や土地、人々からはっきりと感じることができます。

荒廃し乾燥した荒れ地、というイメージからは程遠いアタカマ砂漠は生命に溢れています。古来からの文化が旅行客を温かく迎え入れるとともに、肥沃なオアシスが驚くほど多様な生命を、この世界で最も乾燥した砂漠のなかで支えています。アンデス高原には、標高4,000mに小さな村々があります。これらの村は、極端な環境かつ写真映えする風景の中に存在し、時を超えた伝統が今なお残っています。サン・ペドロ・デ・アタカマを訪れて、地球上の他のどこにも似つかない、唯一無二の風景を探索してください。広大な塩原や活動中の間欠泉、強烈な青さのラグーン(礁湖)は、この地域の特徴のほんの一部に過ぎません。星への旅に出かけて、チリ北部にある多数の名高い天文台の一つで星座への学びを深めてください。

1/4

気候

チリの気候:千年以上の歴史がある森に雨が緑をもたらしている地域がある一方で、数十年間降雨が全く降っていない地域もあります。こうした多様性は、訪れる人々を魅了し、驚かせます。その地形のおかげで、チリには地球に存在するすべての気候帯が存在し、四季がはっきりと分かれているためです。最も温かい季節は10月~4月、寒い季節は5月~9月です。

南方に行くにつれて、気温は低くなります。北部では夜間はかなり冷え込みますが、日中は暖かな気候です。中部は地中海性気候に近く、南部は通年気温が低く、頻繁に降雨が見られます。

風習&伝統

何世代にも渡り受け継がれる英知と感情表現は、その風景に負けないほど多様性に富んだ風習の中に現れています。

「ラ・ティラナの祭り」の間、アルティプラーノの太陽の元では衣装とマスクが異彩を放ち、参加者を魅了して放しません。イースター島で行われるポリネシアの魔法の儀式では、神話や伝説が蘇ります。一方チロエには、人々が団結して地元民の家を建設/移設するミンガという風習があり、その努力が称えられています。多様な祝祭行事が存在しており、その中心となっているのは独立記念日のお祝いです。9月18日から19日の間、パーティーを開催して独立を祝います。「フォンダ」と呼ばれる会場に集い、舞曲の「クエッカ」や他の音楽に合わせて踊りながら、象徴的な食事を楽しみます。

国の至る所で、先祖から伝わる過去の本質を守り、再構築するのは、国の想像性と人々なのです。

言語
人口
通貨